世界日本化計画

世界から見た日本 日本が照らし出す世界

【歴史戦】誰か教えてくれ!日本人はどうして南京虐殺がなかったなんて言うんだ?

time 2018/05/21

広告

姉妹サイト『歴史ニンシキガー速報』からの復刻記事です。

「南京虐殺」関連動画上で繰り広げられていた議論を翻訳してご紹介いたします。

 

●SL(スレ主)
日本人はどうして南京虐殺がなかったなんて言うんだ? 俺にはさっぱり理解できないぞ。南京虐殺が実際にあったことは世界中が認めている。しかも真実はこの動画が描写しているよりはるかにおぞましいものだった。なのに日本人はどうして否定できるんだ??? あいつら本も読まないのか?


WT
+SLに
血も涙もない頑迷な現代の日本人は過去の虐殺行為をいまもなお認めようとしない。ましてやあの当時だ。日本人兵士が罪もない一般人に対していかに冷酷でひどいことをしたかは容易に想像がつく。きっと生き地獄だったはずだよ。+8

AB
+SLに
その出来事を思うとわが国のことながらとても恥ずかしい。僕が習った歴史の教科書には、あんなおぞましい事件は載っていなかった。最近、それが少しずつ世に知られるようになってきた。だけど、今の日本人の多くはこの「レイプオブ南京」という事実を受け入れようとしない。そればかりではない。広島、長崎の原爆のこととなると日本人は被害者のように振る舞う時さえある。当時、日本だけが悪かったにも関わらずだ。いや悪かったというより最悪だったわけだが…。+8

OH
+SLに
同様にネオナチもホロコーストを否定し、それがユダヤ人のプロパガンダと言い張っている。もちろん彼らは少数派だけどね。

SL
カナダでは、南京虐殺なんて知っている人はほとんどいないよ。すくなくとも僕の知り合いの中ではね。というか中国が戦場だったことさえ知らないし、第二次大戦がアジアで戦われていたという事実さえ認識していないのが普通だ。ホントだよ。

WT
+SLに
当時、アジアは世界の中心ではなかったからね。戦後もしばらくの間、中国は遅れていて貧しかったしね。だけど今は違うぞ。国際政治の構図は変わりつつある。

ftl
+SLに
日本人がなぜ南京虐殺を認めないかって? それは事実に直面する勇気のない臆病者だからだよ。+3

広告


KM
+SLに
君らはどうして真実を探ろうとしないんだ? もし君が中国の外に住んでいるなら、日本人がこれについてどう言っているのかくらい簡単に探せるだろうに。終戦直後、中国は320万人の中国人が犠牲になったと主張していた。しかしいまやその数は3500万人に書き換えられている。尖閣諸島についても当時は島の名前を「魚釣島」と日本名で記していた。なのに1971年に突然、「釣魚島」と中国名に変更した。また2008年の国境確定協定後は、ウラジオストクを返還するようロシアに求めはじめた。2012年以降は、東シナ海の90%が中国の領海だと主張している。これでも君は自分で真実を探ろうとしないのかい?+1

WT
+KMに
装備の貧弱さもあって中国軍の犠牲者数は320万人にのぼった。日本軍の犠牲者と比べると約5倍だ。加えて、14年にわたる日本の侵略戦争による一般市民の犠牲者数は数えきれないほどだった。日本軍が、「奪い尽くし」「焼き尽くし」「殺し尽くす」三光政策という悪名高い焦土戦術を展開していたからだ。14年にわたる侵略戦争の間、日本軍は920もの中国の都市と町と村を破壊した。なかでもひどかったのは、河南省で大規模な飢饉が発生した時の出来事だ。当時、日本軍が包囲していたため何百万人もの人々が飢え死にしたんだ。この恐ろしい事件を記憶するため制作されたのが「温故1942」という映画だ。この映画は2014年のオスカー賞にもエントリーしている。ともあれ、これらを総計すると中国人の犠牲者数は3500万人になる。

KM
+WTに
大躍進政策での犠牲者数は含めないのか?

KM
+WTに
そりゃそうだろ。なんせ1938年の黄河決壊事件の犠牲者数もそこには含まれているからな。
(管理人注:黄河決壊事件とは、逃走中の蒋介石軍が追撃する日本軍を足止めするため黄河の堤防を決壊させた事件。数百万人の犠牲者が出たとされている。)

WT
+SLに
私はそう信じているが、日本軍が占領地の住民を虐殺するのは彼らの伝統だった。それは征服した人々を屈服させ、服従させるためでもある。それは彼らの文化なんだよ。ちなみに下のリストは、台湾で日本が引き起こした虐殺事件だ。
雲林虐殺 1898年6月 3万人が殺害され4000の家屋が焼却された
玉井虐殺 1902年 約3万人が殺害された
蕭壠虐殺 1895年 約2万7000人が殺害された
三峽虐殺 約2万4000人が殺害された
西廟虐殺 1915年 約1万8000人が死んだ
阿公店大虐殺 1898年11月 11053人が殺害された
霧社事件 (3回発生した)
宜蘭県虐殺 約5000人が殺害された
林園虐殺 1901年 3473人が殺害された
苗栗虐殺 1913年12月 約1200人が死んだ
嘉義虐殺 約4500人の村人が殺害された

KM
+WTに
虐殺が日本の伝統文化だとしたら、中国人が中国人を殺すのは中国の文化なのかな?

Mm
+SLに
犠牲者数を確定するのは難しい。そして一般的にいって中国人というのは、歴史をねじ曲げるのが大得意だ。それが議論になっている原因だと俺は思うね。

WT
+Mmに
戦後、ドイツはその侵略によって何人の犠牲者が出たといった議論は一切していない。しかし日本の民族主義者どもはずるがしくこくて、数字を議論することで虐殺の事実そのものを否定しようとしている。日本の侵略は満州への大量移民とともに1931年から始まった。そして1931年から1945年までにいたるまで日本による虐殺事件の記録は数多く残っている。ここでのポイントは犠牲者の数ではない。というのも毛沢東が政権を取ったのは1949年だったわけで、その当時、第二次大戦中のことを調査する余裕などなかったからだ。だけど、日本が虐殺事件を引き起こしたのは、中国だけではない。韓国やビルマ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールなどでも同様だ。前のシンガポール大統領のリー・クアンユーは、以前、タイム誌などに語ったことがある。「私は19歳のとき、日本軍に殴られ、逮捕された。だけど機転を利かせて逃げることができた」と。しかし、シンガポールでは9万から10万人の無辜の現地住民たちが日本軍によって捕らえられ、海岸沿いに集められて撃ち殺されたんだよ。

yk
+WTに
WT、よおひさしぶりだな。元気か? それにしても君は相変わらず嘘八百をまき散らしているようだな。「温故1942」だと? 市民が日本軍のせいで餓死しただと? 嘘言うな! 原作の小説を読んでみろ。そこにはこう書いてあるぞ。「飢饉を引き起こしたのは中国の軍閥であり、飢えた農民を救ったのは日本人だった」ってな。それとこうも書いてある。「中国農民は日本軍とともに中国軍閥を倒すため立ち上がった」と。
そもそも中国人は、第二次大戦前の中国があたかも統一国家であったかのような前提で話しているが、それはまったくのデタラメだ。当時の中国はいくつもの軍閥が互いに内戦を繰り広げる混乱した分裂国家だった。それはちょうど今のシリアと同じような状態だった。そして当時の中国共産党はまさにいまのイスラム国とそっくりだ。ここで残念なことは、中国が少しオツムの弱い人たちに次のことを信じ込ませる事に成功したということだよ。「中国共産党(イスラム国)は中国(中東)の解放者だった」とね。

MG
+ykに
このくそったれめ!日本は悪の帝国だった。その日本をまるで犠牲者であったかのように言うお前はとんでもないやつだ。

yk
+WTに
「1931年、満州への大規模な移民とともに日本による中国への侵略が始まった」だって? 満州はいったいいつから中国の一部になったんだね?
そもそも1911年の辛亥革命は満州族支配からの漢民族による独立運動だったんだろ? なのにどういうわけか漢民族の革命家たちは、満州はもちろんモンゴルやウイグル、チベットなどの周辺地域を併合してしまった。独立戦争ではなく侵略戦争になってしまったんだよ。もちろん周辺民族は抵抗した(チベットとウイグルでは今も続いている)が、漢民族はそれを武力で制圧したんだ。これは、インドがイギリス帝国から独立した際、「イギリス本土とマレー半島、北アメリカ大陸、オーストラリア、アフリカの一部までみな我々インドのものだ!」と言って併合してしまったようなものだ。こんな馬鹿げた話がいったいどこにある? 私が恐れているのは、中国が近い将来屁理屈をこねて世界中を「自分の領土だ」といって併合してしまうことだ。

yk
+MGに
君は事実に基づいて議論することを学ぶべきだな。根拠のない意見ではなくね。

MG
+ykに
事実は、日本がアジアを征服しようとしていたことだ。そしてそれはとりわけ中国が豊富に擁していた天然資源を狙ってのことであり、他に正当な理由などなかったということだ。

ソース→http://hakkou-ichiu.com/archives/3357

 

上記「黄河決壊事件」についてはこちらもおすすめ→中国農民が日本軍と共同で中国軍を撃退した中国にとって不都合な歴史

歴史戦おすすめ→ネタジと日本兵に敬礼!インドでも見直されはじめたインド独立への日本軍の貢献

スポンサー
スポンサー

広告

スポンサー

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。当サイトのRSSフィードはhttp://worldjapanization.online/feedです。

スポンサー