世界日本化計画

世界から見た日本 日本が照らし出す世界

みんなで大満洲国を再建しようぜ! 満洲国の動画をめぐる海外の反応と議論

time 2018/06/22

広告

姉妹サイト歴史ニンシキガー速報からの復刻記事です。

「王道楽土満洲国万歳!」「日本人は満洲人を助けてくれた!」

Manchukuo (Manchuria) 1938
満洲国 1938

 

●戦前、日本は満州に電線網や鉄道ネットワーク、製鉄所、灌漑設備などを建設した。戦後、シナ人はそれをただで使った。

 ↓
日本は満州人(中国人)のために満州国をつくったわけではない。満洲人を日本人の奴隷として使役するために作ったんだよ。

 

●アメリカ、中国、そして韓国は、戦前の日本が悪辣な国だったという嘘を世界中に広めている。しかしこの満州国に関していえば、日本の何が悪かったのか私にはさっぱり理解できない。このビデオをみるかぎり日本人が中国人、満州人、朝鮮人を奴隷にしていたようには見えないし、むしろ医療や教育など多くの社会インフラを建設したことがみてとれる。このビデオはたぶんアメリカや韓国、中国では閲覧禁止になるんじゃないかな?

 

●大满洲国王道乐土(楽土) 关东军(関東軍)万岁(万歳) 满洲国万岁(万歳)!

 

●日本人は満洲人を助けてくれた。

 

●いくつかの国はチベットを独立させようと画策している。しかしその表向きの看板とは異なり、目的は人権保護などではない。やつらが目論んでいるのはチベットを満洲国のような傀儡国家にすることだ。ここはよく理解してほしいところなんだけど、チベットは中国にとってきわめて重要な場所だ。なぜかといえば、チベットには長江と黄河という中国の二大河川の源流があるが、万が一チベットに混乱が発生した場合、中国にとって死活的ともいえるこのふたつの河もトラブルに巻き込まれるからだ。それというまでもなくチベット族は中華民族の五大民族のひとつだ。それは五本の指の一本だ。たとえ一本であっても自分の指を失くしてもいいという人はいないだろう。

 

●どこにも飢えた人なんていないじゃないか? 歴史の先生、あんたは間違っていた!

 

mankokki

 

●中国人は言う。「チベットは13世紀以来中国の一部だ。なぜなら両者とも元朝と清朝の領土だったからだ」。そんな馬鹿なことがあるか! それはこういうのと同じだ。「アメリカはインドの領土だ。なぜなら両者ともイギリスの領土だったからだ」。


「赤いインディアン」の歴史は無視か? タミール人はインド人じゃないのか? 世界には複合民族国家なんぞいくらでもあるぞ。なのにどういうわけか中国だけがやり玉に挙げられるのは不公平だ。

すべてのチベット人はみな「チベットが中国の一部でない」ことを知っている。すべてのチベット人はみな「チベットと中国が元朝と清朝の一部だった」ことを知っている。すべてのチベット人はみなチベットの自由を望んでいる。2008年の抗議活動といまも続く焼身自殺は、チベット人がいかに自由を望んでいるかの証拠でもある。私は彼らを支持する。ばかげた喩えでごまかそうとする前に私のコメントをちゃんと読め。何を言わんとしているのか理解する努力をしろ。それと「赤いインディアン」てのは何だ? 「ネイティブアメリカン」の間違いだろ?

満州は中国の一部という嘘の始まりについてはこちらをお読みください↓
革命の美名に隠れ領土拡張を図った革命詐欺師・孫文

 

●ビデオのタイトルには「中国の一地方である満洲への旅」とあるようだが…。笑っちゃうぜ。中国は1644年から1911年まで満洲(清)の一部だった。満州族の支配下に置かれた中国人は弁髪をふくむ満州族の風俗を強制された。1860年代、清朝はその領土をロシアに奪い取られた。北満洲はいまもロシア領だ。満洲が中国の一部だという奴は、そこへ行ってこう言ってみるといいよ。「お前が住んでいる土地は中国の領土だ」ってね。ハハハハ。

 

●みんなで大満洲国を再建しようぜ!

 

●満洲独立。中共崩壊。

 

●チベットは中国の一部だ。白豚どもは黙りやがれ!

 

●満州は私の故郷だ。愛する故郷だ。私は当時の日本人がそれほど優しかったとは思わない。しかしいまの共産中国がしていることに比べたら日本人の方がましだ。共産中国がわれわれの満州に何をしてくれたっていうんだ? 我々の資源を奪い、川を汚染しただけじゃないか!

 

images

 

●中国人の満州への人口流入は日本人のそれをはるかに上回っていた。とくに山東半島からは仕事と豊かな生活を求める移民が毎年のように流入していた。内戦中だった中国と異なり、満州国は戦争もなかったし、飢饉もなかったからだ。

スポンサー
スポンサー


満洲国は後にソ連に占領され、共産党の武器庫となり、そうして結果的に共産党の勝利をもたらした。君をふくむ日本人はそのことをきちんと認識すべきだ。君らの祖父たちは共産主義と戦っていたわけじゃない。

 

●ダライラマによると2009年のチベットの人口は600万人で、そのうちチベット人は44%だ。中国はチベット占領後、60年の間に750万人の中国人を移住させた。これは民族浄化というべきだ。いまやチベット人はチベットで少数民族の地位に転落してしまっている。

広告


おいこらウスノロ! 西洋人による「民族浄化」はどうなんだよ? やつら18世紀にネイティブアメリカンに何をした? たしかに共産主義国家はろくでもないことばかりやってきたよ。だけどそれとこれとは別だろ? お前の非難はたんなる人種差別でしかないよ。

 

●中国兵の質はきわめて劣悪だった。彼らは兵士というよりほとんど匪賊というべき存在だった。アメリカ人ジャーナリストのフレデリック・ビンセント・ウイリアムと中国人歴史家の黄文雄は、日本人はそうした中国人匪賊と腐敗した満洲政権を追い出して満洲国を樹立したと言っている。実際、満洲の人口はその後、目に見えて増大した。大勢の中国人が平和を求めて満洲国に移住してきたからだ。さらに日本人は鉄道を敷設し、銀行や学校、病院など近代国家に必要な社会インフラを満洲の地につくりあげた。


私は満洲人だ。当時、満洲人は日本語学習を強制されたってことを忘れてないか? 私の祖父母が上手に日本語の読み書きができるのはそのせいだ。だけど彼らはいまそのことを恥じているよ。なぜだかわかるかい?

 

●もしも日本が韓国、満州、台湾を保有することで満足していたら、これらの地域はいまごろきわめて繁栄していただろう。だが、日本は少々欲張りすぎた。そのことが中国との戦争を引き起こし、第二次世界大戦へとつながった。そして日本は結局すべてを失ってしまったんだよ。

 

●満洲の日本支配と中国のチベット支配が同じ理屈で正当化されているようだな。どちらも悪逆な支配者を追い出し、近代的なインフラを建設したという理屈でね。

 

●日本はアジアを近代化させようとしたんだよ。ベトナムやフィリピンをみてみな。フランスやアメリカがそこに重工業施設を建設したりしたか? 満洲国はあの当時、世界最先端の産業設備をもつ国だった。もし当時日本と中国が協力し合っていたらアジアの生活水準はいまよりずっと高いものになっていただろう。それに近年の中国の発展は、日本による投資の結果だということも忘れないでほしいね。

 

●日本が満州を租借したのは清朝との正式な条約にもとづくものだった。また日本軍が中国に駐留していたのも平和維持が目的であり、それも正式な条約に基づくものだった。日本は中国を侵略などしていない。この歴史的事実を忘れるな。

 

●全世界は日本の庇護のもとひとつになる。それが八紘一宇だ。


そりゃまたとんでもねえ世界になっちまうだろうな!

 Manchukuo_Hsinking_avenue

 

●日本は偉大な仕事を成し遂げたと思う。ビデオに出てくる中国人は今の共産中国での生活より幸せそうに見える。もちろん奴隷労働のようなきつい仕事をしている姿も見られるが、それは今の中国でも同じだ。低賃金労働に従事する人はいつの時代にもいた。

 

●満州人の多くは今の中国共産党の統治下ではなく、満洲国での暮らしの方を希望していると思うよ。


私は満州人だけど、故郷が再び日本の傀儡国家になることは望まない。満州国政府は満州人の労働環境を改善しようとしなかったし、そこで恩恵を受けたのは日本人移民だけだった。

君は共産中国に併合されたままの方がいいと言うのかい?

 

●満州で何が起こったにせよ、そこから学ぶべきことがある。俺は日本人が嫌いだ。やつらにもっと核兵器を落とすべきだ。自分らがどれだけひどいことをやったかを思い知らせるためにもね。


当時の日本人は洗脳され、軍部に利用されていたのよ。私は日本人がみな冷酷で利己的なケダモノだったとは思わない。あなたが言うような「目には目」のやり方だと、あなたも大勢の無辜の市民を虐殺し、レイプした冷酷な日本兵と同じになってしまうんじゃないの?

 

●それが日本の侵略であろうとなかろうと、あのままいけば満洲国はおそらく日本以上の経済大国になっていただろう。私は満州で学生時代を過ごした多くの日本人を知っている。彼らは満州人と中国人と机を並べて学んでいたんだ。彼らは当時を懐かしんでいる。満州と日本の関係は、ちょうどアメリカとイギリスのようなものだよ。

 

Emperor Henry Pu Yi, Puppet Monarch

 

●アルバニアから一言いわせてもらうよ。満洲国よ永遠なれ! かつて満洲人が軍閥支配下でどれほど苦しんでいたか、また現在も共産中国の支配下でどれほど苦しんでいるかを私は知っている。私たちはあなたがたと共にある。いつか新生満洲国を訪れる日が来ることを願うよ。

続きはこちらでお読みください→http://hakkou-ichiu.com/archives/3096

こちらもオススメ
中国はアジアの裏切り者だ! 中国映画『温故一九四二』をめぐって日中の歴史観がガチンコ衝突

「郵便局に預金通帳を作れる奴隷がいたのか?」決定的証拠を前になおも悪あがきする韓国サイドとの終わらない論戦

広告

スポンサー

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。当サイトのRSSフィードはhttp://worldjapanization.online/feedです。

スポンサー